菊池 篤博

湖の大型トラウト釣りで非常に高い評価を得ているキクチミノーの製作者。ルアービルダーとしてはもちろん、アングラーとしても豊富なキャリアを持つ。菊池篤博は何故20年以上にもわたりハンドメイドルアーを追及してきたのか。その答えは「オリジナルルアーを製作し、それを使って自分のイメージ通りに釣れたときの感動と歓び・・・この充実感を味わうため。」と語る。
長い工程を経て完成するキクチミノーは常に菊池篤博自身の手によって実際に使われながら、その性能やデザインを磨き上げてきた。
氏の情熱、愛情が形になったキクチミノー・・・自分の感性を大事にするアングラーに贈る。


菊池 篤博

菊池篤博がミノーイングに目覚めたのは本栖湖でのことである。それ以前にはスプーニングとフライフィッシングに夢中だった。アングラーがミノーイングで釣り上げるのを目撃した瞬間にその攻撃的な誘いの釣りに目覚めた。そして誰もがそうであるようにラパラと出会う。当時の菊池は芦ノ湖でのボートフィッシングが主であったが、ラパラの飛距離の無さに様々なチューニングを施していた。そして自分でラパラのコピーを作ることになる。当時はミノーメイキングの教本などあるはずがない。一番苦労したのは塗料だった。試行錯誤を繰り返し最終的に辿り着いたのがセルロースセメントだった。菊池オリジナルのミノーは作り始めた最初の年から大物キラーとして結果を出した。これをきっかけにキクチミノーが他のアングラーの手に渡り始めた。
当時のキクチミノーの愛称は「ツチノコ」。ツチノコのように後部が太い形状だった。飛距離を出すため、ピンポイントにミノーを投げ入れるための形であった。

キクチミノーといえばグリグリメソッドである。現在でもブラウントラウトに対して強力なパターンとなっているが、このグリグリメソッドを教わったのは芦ノ湖の主的存在野崎茂則氏からである。野崎氏は菊池に「ラパラよりも多くのヒラを打つミノーを作れ」とアドバイスを送った。
改良に改良を重ねて生まれたのが伝説のキクチミノー13cm金箔・銀箔である。


純金箔
自分の釣りがミノーイング一辺倒になった頃、すでにタバコの銀紙では満足できなくなり、毎日のように素材探しに没頭していた。そんなある日、チャンスは思いかけずに巡ってきた。友人の1人に呉服屋がいて、着物の帯の材料に使う金箔があるという。
だが、それからが戦いの始まりだった。冬場の静電気、夏場の湿気と作業に邪魔になるものはいくらでもあった。細心の注意を払っていても失敗することは珍しくなく、失敗談は書き切れないくらいある。
そして、やっと完成した金箔ルアーを持って友人と芦ノ湖へ向かった。
ラインの先端には金箔ルアーが結ばれた。第一投・・・ミノーがヒラを打つ度にいままで見たこともない光りの環がミノーを包んだ。そしてトラウトのバイトも以前とは比べものにならないくらい増えた。
金は赤に近い色合いから薄明かりでもよく光り、朝マズメ、夕マズメの釣りには格好の素材であった。この時間帯は大物を中心に魚の活性が最も上がるときである。
その日を境に芦ノ湖では大物キラーとして金箔ミノーが有名な存在となった。
現在ではキクチミノー = 金箔というイメージで語られるほどで、金箔はキクチミノーの代名詞となった。
私が金箔に注目したのは偶然ではない。しかし、金と私たち人間との営みの歴史の中にはそれを語る膨大な事実が織り込まれている。
奈良の大仏で有名な東大寺の本堂は、陽の光りが射し込むと黄金の仏像やお堂の中が眩いばかりの金色に包み込まれ、信仰のない人にも仏の存在を信じさせるという。東大寺の例にもれず、電気やレーザー光線のない時代には、多くのお寺で自然現象を巧みに利用していたと考えられる。
金がその筆頭にあったことは、私と太古の意志とにちょっとした共通点を見い出したようで感慨深い。
魚だけでなく、人間に
まで幻想を見せてしまうとは・・・。

菊池工房
〒311-4313茨城県東茨城郡城里町上入野4353-1
http://www.kikuchi-craft.com/
info@kikuchi-craft.com